スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/24 第8節岡山戦

改めて東日本大震災で被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
また1日も早くの被災地復興を祈念いたします。


さて、いよいよ再開したJリーグ。思えば、3月13日の第2節熊本戦、西京極ホーム開幕戦を直前にして、突然、前代未聞の大災害に見舞われ、リーグ戦はすべて中断。


途中、チャリティマッチや数多くの練習試合などもあったけど、通常どおりの「サッカーのある暮らし」とは程遠いものだったわけです。


再開後の公式戦初戦は西京極ホームゲーム初戦。迎えるは初顔合わせの岡山。岡山は、結構気合い入ってたとゆーか、サポーター大勢で遠征してきてたなぁ。

さて自分にとっては北スタンドではじめての公式戦となるわけで。
当たり前やけど、今日は、今日こそ勝ちゲームが見たい!…その気持ちを胸にスタジアムに向かった訳なんですが、

いやーやっぱサッカーっていいもんだ。ってスタジアムの内外でそう思いましたね。


来場者のみんながそれぞれ楽しみに待ち侘びたゲーム。

スタジアムの雰囲気に感慨深いものがありました。

とそんな事思ってたら

突然の嵐。それも罰ゲームなみの(笑)

雷も鳴り響き、もー雨が冷たいこと、ほんまに。

2003年のゼロックススーパーカップの寒空の下、雨にうたれたことをおもいだしました。

したら、雨にまじってシャーベット状のモノが降ってきたー。
2005シーズンのいつしかのアウェイ山形戦を思いだしました(笑)

27分。キックオフを遅らせた後、

ようやくホームゲーム初戦がキックオフ。

まだサンガの動きに固さが感じられるのか、と思ったら、あっけなく先制。

そうかと思ったら、あっさり同点に追いつかれたり、でも最後は17歳4ヶ月の久保くんが決めてくれました。


最初だから仕方ないのか、圧倒的に突き放すことができない。強いて言うならもう1点決めてほしかったなー。

それでも、まずは1勝。みんなで笑って気持ち良く帰るゲームを今年は1試合でも多く見たいモノです。

そのためにはまず西京極に、北スタンドで集まって、みんなでワーワー騒ぎましょう。

やっぱこれが1番楽しいですね。

ではではお疲れ様でした!

お疲れ様といえば…平井選手、現役生活お疲れ様でした。

神懸かり的なスーパーセーブの神様。平井直人。

未来のサンガを担う次世代のプレーヤー育成にまたご尽力頂きたく、今後とも頑張ってください!
スポンサーサイト

チャリティマッチ

こんにちは。

3月11日に発生した大地震、それに伴って発生した東日本大震災。
1000年に一回の大地震と言われたこの災害、

阪神大震災を関西人として、何ができるのか。
元気な関西から
日本を明るくする

そして、サッカーから日本を元気にする。


そんな気持ちです。

元気な関西がしょぼくれててどうするんですか!?
元気にいきましょう!!




試合の内容ですがやはり
まだ大木イズムが浸透していないんだろうなという印象です。
でも、浸透するのも待ちたいところですが
1年でJ1に戻りたいので
どんどん、後押ししていきたいと思っています!!!

がんばりましょう!!




けいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。