スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/26横浜FC戦[H]

みなさん地デジ化大丈夫ですか?

次節が水曜なんで毛糸さんが早くupしてくれるか不安ですが...

昨日はタイトルの通り、横浜FC戦でした。
結果はご存知の通り、勝ち点1でした。

試合結果をど~のこ~の言うのはさておき、西京極をもっとホームスタジアムの威圧感が出ればと感じました、ほんと。
昨日はスポンサーのファミリー様から5,000枚ものタオルマフラーが配布されました。

長年にわたり、なおかつJ2でも応援していただけるファミリー様には感謝しないといけませんね、ほんと。
でも「ファミリーサンガ応援デー」のタイトルで、ファミリーが企業名と思う人が少ないのは玉に瑕ですよ、ほんと。

サンガがより強く、より愛されるクラブになる為には選手・スタッフはもちろん、サポーター・スポンサー・公共団体の三位一体の支援が大切ですよ、ほんと。
J2でも、不景気でも、こうやってファミリー様のような企業があることがイイですね、ほんと。

サポーターも一体となってサンガを応援できたらイイですね、ほんとほんと。
せっかくの5,000本以上のタオルマフラーがいっせいに回るとイイですね、ほんと。

昨夜の失点もタオルマフラーがもっとスタンド全体で回って、スゴい風を起こしてたら流されて外れていたかもしれませんね。
それぐらいサポーターの応援で試合を左右してみたいですよ、ほんと。
これって夢じゃなくほんまにそうしたいと思ってサポーターしてますから、俺。ほんと。

次節は水曜開催ですが、たくさんのサポーターとともにたたかいたいですよ、ほんと。
あとコメント20件ぐらい期待しているので、ウルトラの方もそうでない方も疑問・感想・激励をお待ちしております!!!

でゎ水曜にお会いしましょうー
どうも僕でした、ほんと。

アイヤイヤ
スポンサーサイト

VS草津

睡眠不足は大丈夫ですか?

こんばんわ。283です。

草津戦、参戦された方、非常にお疲れ様でした。
夏日程に突入し、こんな遠征も増えると思いますが頑張っていきましょう。



アウェイ勝利いつ以来やろ~v( ̄Д ̄)v

人数少なかったし、テツ&トモがただスベリしてるし
どうなることかと思ったけど、
今日の勝ちは大きい!

伊藤君がこっちに来てくれたのはホントうれしかったし、
京都に対する愛が感じられた♡

ただ点を取られたときにショボーンとなるのを
どうにかせなあかん。
俺もワンパターンになってしまってるし直さないとっ!

みんなもこうしたら…とか、ああしたら、
とかいい改善案があったり聞いたりしたら
もっともっと教えてほしい。

もう落とせない試合ばっかりなんで最初に掲げた目標を
『堅忍不抜』の言葉のもと、
1試合、1試合後悔のない戦いをしていきましょう。

No SANGA No Life.

 283

大分戦

大分戦、参戦された皆さんお疲れ様でした。

久しぶりに皆で笑ったね。本当に良かったです。

しばらくチームは長いトンネルに入り、選手、サポーター共に苦しい思いが続いたけれど、この勝利をきっかけにし浮上したいです。
サンガを応援する人達、皆がfamilyやから全てのサポーターの苦しむ顔はもう見たくないし、選手と共に喜ぶ顔が見たいと考えています。

次節は日曜ナイトのアウェー草津戦ですね。
選手のしんどさに負けない応援を身体と声で表現して選手に気持ちを届け、次も勝たないといけないね。

人数少ないかもやけど、京都サポーター1つになって頑張ろう!!
やるしかないっしょ!!

草津に来れないサポーターの皆さん、力を送って下さい
バンバン

アウェイ鳥取戦

今日は応援バスも出たということもあって、
かなりの人数の方が鳥取まで応援に駆けつけてくださいました。

ゴール裏の人数は相手よりも多かったと思います。

しかし、この様な多くのサポーター達と勝利の喜びを分かち合うことが出来なかったことが非常に残念でなりません。

良い動きをしていた選手も数名いましたが、
やはり数名止まりでは勝つことは出来ませんでした。

“サポーターに何かを言われて”悔しいではなくて、
“勝てなくて”悔しいと思っている選手は一体何人居るのでしょうか?

私たちは全身全霊をかけて応援していたつもりでしたが、
選手、監督、スタッフには何も届いていなかったどころか、
あそこまで華麗にスルーされるとは夢にも思いませんでした。
形だけの挨拶なら結構です。

試合は悔しかったですが、試合後に関しては悲しい気持ちになりました。

チームはもっともっともっと今まで以上に気合をいれて、
これまでの練習で勝てなかったのだから、
更に厳しい練習をしてもらって、次節の試合に挑んで貰いたいです。

切り替えて次に行こう、なんて生易しいものではなくて、
毎日の練習に対する姿勢から見直していかなくてはなりません。

貪欲に勝ちに拘る気持ちと同時に、
「文句を言ったやつ全員見返したんねん!」
ぐらいの意気込みを選手には持って欲しいです。









のり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。