スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム水戸戦

お疲れさまでした。
あの展開になると雰囲気もよく楽しくできますね。
次の徳島戦はアウェイですが、近いのでたくさんの人が行かれると思います。
たくさんの人で選手を後押ししましょう!

さて、昨日は今まで全く使っていなかったチャントを入待ちで歌いました。
初めて歌ったんですが、声も出ていたと思いますので、試合中も歌いました。
これをきっかけに定着していくといいなと思います。
あともう1つ全く使用していないチャントがあるので、そちらも今後歌っていけたらなと個人的に思っています。

また午前中にあった応援歌作成委員会ではアンセムも発表されました。
みんなで歌ってスタジアム全体に定着するようにしたいです。
詳しくは応援歌作成委員会から発表があると思います。

サポ連ミーティングでは、昇格に向けてコレオグラフィをすることが決まりました。
まだ詳細は全然決まっていません。
何か意見(例えば、こんなデザインにしたいとか、どんな規模でやりたい等)があられる方は直接言っていただくなり、コメントしてくだされればと思います。
することは決まりましたので、やらないでほしいとかのご意見以外でお願いします。

昇格に向けていい雰囲気を作り出し、選手に気持ちよくプレーしてもらうためにも、たくさんの方にご協力していただきたいです。
よろしくお願いいたします。


ULTRAS KYOTO
スポンサーサイト

アウェイ 山形戦

山形戦お疲れさまでした。
思った以上に暑くて、応援もきつかったと思います。
連続してのチャントや、長回しは最近は減らしていますが、この間の試合ではもっと減らしてもよかったかもしれません。
コール中心にするとかもっと工夫が必要です。

出島に固まって応援できたことはよかったと思っています。
ご協力してくださった方々ありがとうございました。

順位の近い相手にアウェイで勝てました。
次は久しぶりに西京極です。
アウェイが続いていたので久しぶりにスタジアムに来られる方も多いと思います。
たくさんの人たちで選手を後押しして勝ちましょう!

ULTRAS KYOTO

アウェイ 大分

大分戦、お疲れさまでした。
勝たないといけなかった試合でしたが、厳しい現実です。

人が少なかったので、いつもよりチャントを短く切り、歌も減らしました。
ただ声はあまり出ていなかったように思います。
もちろん人数によるものもあるかと思いますが、声が反響するゴール裏端に陣取るとか、もっと声が出やすい選曲をするなど工夫するべきでした。。。

試合後、あの結果を受けて、監督にはこのまま信じて大丈夫かどうかの是非を確認しました。
でも返答がなかったのでわかりません。
選手には、自分たちの力に自信を持ってほしいという意味を込めて、自分たちの練習、仲間、そして自分自身を信じて闘えということを伝えました。
結果しか求めていないですが、シーズン終盤の今は、スタイルをかえるよりも、信じて続けることが結果が出る一番の近道だと思いますので。

明後日には山形戦があります。
来れない人が多いと思いますが、その人たちの気持ちも背負って、なんとか勝って少しでもいい雰囲気で西京極に帰りたいです。


ULTRAS KYOTO

天皇杯2回戦 vs松本

お疲れ様でした!

遠くのスタジアムまで足を運んで勝つと遠征したかいがありますね。

帰路が全く疲れを感じなくなります(笑)



なかなかリーグ戦で結果を出せない中での天皇杯でしたが、
しっかりと結果を出すことができました。

勝てていなかった松本に気持ち良く勝てたということも
次からのリーグ戦につながると思います。



応援ですが、今回のスタジアムはピッチが近いので、
シュート練習時にシュートが決まれば掛け声と拍手で盛り上げてやろう、
と試みました。
倉貫選手と伊藤選手も(たぶん!)応えてくれましたし、
シュートを打つ選手にいい雰囲気を伝えられたのではないかと思います。



固くならずゲームに入りたかったので、
「あまり必死には行かず、盛り上げることができる曲」ということで、
スタートはブラジルで入りました。
タオルを回す曲はとどうしても声が出にくくなってしまうというデメリットはあるのですが、
ピッチが近いこのスタジアムならカバーできるという判断でした。

その時間に点も取れましたし、有利にゲームを進めることができたと思います。



しかし、正直全体的な選曲は良くなかったと反省しています。
2点先制したものの、残り時間はまだ多くサッカーでは2-0が一番油断しやすく危ないと言われます。
実際、失点した後はゲームがどう動いてもおかしくなかったと思います。

特に、「ここはしっかり落ち着かないといけないところ、ここは点を取りに行くところ」の判断がうまくできなかったのかなと。常にゲームは動いているので、「結果論」と言ってしまえばそれまでなのですが、
今回はそれで片づけられないほど曲がハマらない時がありました。



金曜からまたリーグが始まります。
一戦一戦大事に戦い、勝ち点3を積み上げていきましょう。

平日Away、(しかも大分)ということでスタジアムに足を運べない方も多いと思いますが、
気持ちを届けて下さい。共に闘いましょう。きっと距離なんて関係なしに届きます。
現地参戦予定の方も共に力を合わせて闘いましょう。








やまうち

#32 vs湘南(H)

残念ながら3連敗となってしまいました。

勝つことしか考えてはいませんでしたが・・・



前日に練習を見ながら、応援について悩んでいました。

怪我や出停もあり、少しスタメンも変わるとのことでったので、
我々サポーターも普段と違う雰囲気を作りたいと考えました。

連敗しているなかでここしかないのかな、とも思いました。


選手入場時にビックフラッグを揚げたのは、ピッチに入ると選手はスタンドを見るであろう、
(当然満員が望ましいのですが・・・) 
それに対して「今できること」ということで選択しました。
ビッグフラッグを揚げていただいた皆さん、ゲーフラ・フラッグを我慢して下さった皆さん、
ご協力ありがとうございました。


いつも写真撮影をしている後の選手コールをやめ、そのままエンターテーナーに入りました。
通常、コールの後は選手はリアクションしてくれますので、
それがなかったことで何か「いつもと違う」ことを感じてくれたんじゃないかと思います。


キックオフ時のゴール裏はいつも以上に声も躍動感も出ていたと確信しています。
得点にはつながりませんでしたが、選手たちは猛攻を見せてくれましたし、
ゴール裏の皆さんの思いは伝わったのではないでしょうか。



残念ながら試合は負けてしましました。

選手・スタッフが挨拶に来た時、私の伝え方が良くなかったのでお詫びします。

選手には「今は結果。結果出さなあかん。しっかりと安定した戦いが必要。勝たなあかん!
俺達も必死に闘ってるから。」
という言葉を伝えました。
それに対し、しっかりとうなずき、勝つことを約束してくれました。

監督には「本当に大木さんを信じていいんやな!?大丈夫やな!?」
という問いかけに、「大丈夫。信じていい。」との返答がありました。


京都サンガコールは、応えてくれたことと、我々も不退転の決意でサポートする、
という想いでしました。

このやり取りが後ろのすべての人に伝わったわけではなかったので、
私が選手・監督とのやり取りを皆さんにお伝えするべきでした。

「なぜ京都サンガコール?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、
このような意図でコールをしたということをご理解頂ければと思います。




今後、厳しい試合が続きますのでキツイ応援となることもあるかと思いますが、
この試練を乗り越えることで、選手も我々もJ1でしっかり戦える力となるはずです。

一戦一戦自分にできることでチーム支えていきましょう。


やまうち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。