スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

#32 vs湘南(H)

残念ながら3連敗となってしまいました。

勝つことしか考えてはいませんでしたが・・・



前日に練習を見ながら、応援について悩んでいました。

怪我や出停もあり、少しスタメンも変わるとのことでったので、
我々サポーターも普段と違う雰囲気を作りたいと考えました。

連敗しているなかでここしかないのかな、とも思いました。


選手入場時にビックフラッグを揚げたのは、ピッチに入ると選手はスタンドを見るであろう、
(当然満員が望ましいのですが・・・) 
それに対して「今できること」ということで選択しました。
ビッグフラッグを揚げていただいた皆さん、ゲーフラ・フラッグを我慢して下さった皆さん、
ご協力ありがとうございました。


いつも写真撮影をしている後の選手コールをやめ、そのままエンターテーナーに入りました。
通常、コールの後は選手はリアクションしてくれますので、
それがなかったことで何か「いつもと違う」ことを感じてくれたんじゃないかと思います。


キックオフ時のゴール裏はいつも以上に声も躍動感も出ていたと確信しています。
得点にはつながりませんでしたが、選手たちは猛攻を見せてくれましたし、
ゴール裏の皆さんの思いは伝わったのではないでしょうか。



残念ながら試合は負けてしましました。

選手・スタッフが挨拶に来た時、私の伝え方が良くなかったのでお詫びします。

選手には「今は結果。結果出さなあかん。しっかりと安定した戦いが必要。勝たなあかん!
俺達も必死に闘ってるから。」
という言葉を伝えました。
それに対し、しっかりとうなずき、勝つことを約束してくれました。

監督には「本当に大木さんを信じていいんやな!?大丈夫やな!?」
という問いかけに、「大丈夫。信じていい。」との返答がありました。


京都サンガコールは、応えてくれたことと、我々も不退転の決意でサポートする、
という想いでしました。

このやり取りが後ろのすべての人に伝わったわけではなかったので、
私が選手・監督とのやり取りを皆さんにお伝えするべきでした。

「なぜ京都サンガコール?」と思われた方もいらっしゃると思いますが、
このような意図でコールをしたということをご理解頂ければと思います。




今後、厳しい試合が続きますのでキツイ応援となることもあるかと思いますが、
この試練を乗り越えることで、選手も我々もJ1でしっかり戦える力となるはずです。

一戦一戦自分にできることでチーム支えていきましょう。


やまうち
スポンサーサイト
天皇杯2回戦 vs松本HOMEVS草津 (A)

COMMENTS

あなたの場合コールリードすら上段に届いてないのに
そんなやりとり聞こえるわけないですね。
とりあえずがなるのやめてください。
トラメガあるんだから普通にリードしてください。
声を張り上げるのは地声でリードする時だけでいいです。

この以前から続いている議論には少しならず心を傷めています。
皆さんの物の捉え方、考え方は人それぞれ。でもここに書き込む方の思いは「サンガの応援を良くして選手の後押しをしたい」って事じゃないんでしょうか?チームも変わろうと頑張っているのにサポーターも変わらないとダメでしょう!
そこで提案なんですがサポーターの皆さんにアンケートをとってもらったらどうなんでしょうか?
好きなチヤント、キライなチャント、ここは誇れる事、これだけは譲れないやめて欲しい事等々。
ウルトラスも一サポーターなら民意の声に耳を傾けるべきです。どこかの国の国会のように足の引っ張り合いはやめましょうよ。
こう書くとサポミでと言われると思いますがあの場では誰も言いにくいって事もいい加減気づいてください。
色々書きましたがこれもサンガをおもっての事とお許し下さい。

名無しさんへ

拡声器を使用していても上段まで届いていないのは正直気づいておりませんでした。
申し訳ございません。
発声の仕方を見直させていただきます。




リンコンさんへ

アンケート、いいかもしれませんね。
前向きに検討したいと思います。
本来ならば直接言いに来ていただきたいところですが、できない方もいらっしゃるようです。
これからはそれだけに固執するのはやめようかと思います。
また改めて今後の方針を報告させていただきます。


ULTRAS KYOTO

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。