スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

充孝選手の移籍で感じたこと

皆さま、お正月いかがおすごしされましたでしょうか。

充孝選手の移籍が発表されましたね。
元々上手い選手ですし、昨シーズンの結果を考えれば他のクラブからオファーがくるのも当然でしょう。
ただ移籍するのは本当に残念と思う人達が多いと思います。

今回の移籍で感じたことがあります。
これは充孝選手に限ったことではなく、京都にいる選手みんなに言えることなのですが、そういった選手が移籍するかもとなったときに、サポーターとしてもっと何かできたのではないかということです。
例えば、みんなでサンガタウンに行って、直接『残ってください』ってお願いするとか、昔カズさんに残ってもらうためにみんなでした署名活動とか。

もちろん最終的に決断するのは選手ですので、無駄になることもあると思います。
でも何もしないよりましですよね。

充孝選手はもう移籍してしまったので、今からどうこうすることはできないですし、決まってからこんなこと言うなと言われる方もいらっしゃるかもしれません。
それは本当にその通りなのですが、これからはその辺も意識して活動していきたいと思います。
自分たちだけでできることではないので、皆さまにご協力いただくこともあると思います。
また私たちが協力できることはしていきたいと思います。


ULTRAS KYOTO
スポンサーサイト
ツイッターフォロー祭りの経緯と意図HOME新年ご挨拶

COMMENTS

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。